女性の厄年の年齢は?結婚や妊娠出産、転職は辞めた方が良い? | フォルトゥーナ

女性の厄年の年齢は?結婚や妊娠出産、転職は辞めた方が良い?

「来年から厄年なんだよねぇ」「厄年は悪いことが起こるらしいよぉ」など厄年という言葉が女性同士の会話で登場することがあります。

しかし、あなたの厄年への認識は正しいですか?

女性の厄年の年齢を正しくご存知ですか?

その厄年には前厄から始まり、本厄、後厄と続きます。

そこで今回は、女性の厄年の年齢は?結婚や妊娠出産、転職は辞めた方が良い?についてご紹介します。

厄年に当たる年に、女性にとって大切な結婚や妊娠出産、または転職など人生に大きく影響を与えるイベントは避けた方が良いのでしょうか。

運気が落ちると言われているのに、祝い事や人生にとって大切な決断を下してもいいものか悩んでしまいますよね。

そこで厄年について分かりやすくお伝えしていきますよ。

厄年の年齢の数え方について

女性の厄年の年齢を知る前に、厄年の年齢の数え方を知っておきましょう。

実は、年齢の数え方は神社やお住まいの地域によって変わることがあります。

「旧暦」や「数え」なんて言葉は聞いたことがありますよね。

現代の日本で生きているとあまり馴染みがないなんてことも最近は多くなりました。

お隣の韓国や中国では未だに旧暦で年齢を数え、行事を行っています。

旧正月なんかもそうですね。

そして厄年は基本的にはこの旧暦で数えるのです。

というのも、私たちは母親から産まれた時に誕生し、その日から1年経つと誕生日を迎え1歳になるとされています。

しかし、厄年の年齢の数え方は母親のお腹にいた時から命は存在しているという考えをしていることで、私たちは産まれた瞬間には1歳になっているということなのです。

そして、お正月に歳を取るのです。

ややこしいですね。

ポイント
厄年の年齢の数え方は、お正月を迎えた時には実年齢に2歳足します。

そして誕生日がきた後では1歳足すと旧暦での厄年の数え方になりますので、ぜひ覚えておきましょうね。

女性の厄年は一生を通して4回

女性が生活を送る際に厄年として注意をしたいのは一生を通して4回あるということです。

この4回という考え方は、皆さんが厄年だと言っている歳を指します。

つまり本厄ですね。

本厄は最も警戒すべき歳を示しています。

では、女性の本厄は先ほどお話をした旧暦の数え方でご紹介すると、19歳、33歳、37歳、61歳となっています。

ちなみに61歳の厄年については地域や神社、宗教によって考え方が様々ですので、いつもお世話になっている神社でお尋ねしてみたり、ご家族やご近所の方に相談をしてみましょう。

そしてこの4回の厄年の中でも注意に注意をかさねなければいけない年齢が33歳です。

33歳の時の厄年を大厄とも呼びます。

本厄は一生に4回とお伝えしましたが、この本厄の前後1年も厄年になりますのでご注意ください。

前の歳を前厄、後の歳を後厄と呼び、本厄ほどではありませんが、運気が落ちて生活に影響を及ぼすことがあります。

ポイント
本厄の前後1年もしっかりと警戒をしておくことをおすすめしますよ。

厄年での結婚や妊娠出産、転職などはOK?

女性の厄年の期間は10代後半から30代後半までの間に集中していると言えます。

女性にとって、人生を左右する大切な時期であることも言える時ですよね。

結婚や妊娠出産、転職が厄年になってしまったら気になる人も続出しています。

厄年を避けて行動を起こした方が良いのか、流れに乗って行うべきか、考えれば考えるほど分からなくなってしまいます。

しかし、結婚や妊娠出産についてはあまり気にすることはないようです。

結婚や妊娠出産はタイミングです。

もともと厄年は生活の変化を戒めるものなのです。

統計があるわけではなかったとは思いますが昔の人は不思議ですよね。

ちょうどその年齢は生活に変化が起こりやすいから、トラブルや病気には気をつけてねと戒めるものですから。

だから、結婚や妊娠出産についてそれほど考え込むことはありませんよ。

変化を起こすことに警戒をするのではなく、変化をしたことによって起こる影響に注意してね、というものです。

厄年だからこの結婚は見送ろう、妊娠出産はしないでおこうとする方が生きていて不自然なことだと思いませんか?

地域によっては、結婚や妊娠出産は厄落としといって結婚や妊娠出産をしたことによってその厄が身から落ちたとさえ言われているのです。

もしそれでも気になるようでしたら、厄払いに足を運んだり神主さんに相談をしてみると気持ちが軽くなりますよ。

そして転職についても同じことが言えます。

30代で転職をする女性は、厄年だらけの歳を考慮して転職をしていたら素敵な転職先を逃してしまいかねませんよ。

厄年だから何か災いがあるかもしれない、という気持ちを忘れないでおけば注意深く行動を起こし、決断に責任を持つことができますよね。

ポイント
あまり深く厄年について考え込まずに、チャンスだと思えばそのチャンスをモノにしましょう。

女性の大切な時期は厄年だらけ

女性の厄年の年齢は?結婚や妊娠出産、転職は辞めた方が良い?についてご紹介しました。

10代後半から30代終わりにかけて女性には厄年だかけで不安な思いを抱えている人が多くいらっしゃいます。

確かに厄年の年齢では環境の変化が起こりやすい歳であると言えます。

その環境の変化にしっかりと対応をしたり、体調の崩れに注意をしていればあまり気にすることはありませんね。

結婚や妊娠出産、転職に関しても気になるようでしたら神社での厄払いを受けてみましょう。

結婚や妊娠出産自体が厄落としになることもありますが、あなたの心を晴れやかにしてくれるものでもありますので、おすすめしますよ。

The following two tabs change content below.
フォルトゥーナ(fortune)

フォルトゥーナ(fortune)

フォルトゥーナ(Fortuna, フォーチューナ)は、ローマ神話に伝えられる、運命の女神。運命の車輪を司り、人々の運命を決めるという。 【当サイトで紹介している、おまじないはアナタに確実にピッタリあったおまじないとは限りません。おまじないで願いを必ず叶えたいなら、当サイトで紹介している占いをまず試してみてください。あなたの幸せを心より願っております。】

【期間限定・5月27日(日曜)迄】願い事を叶えたい思っていませんか?

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「今思っている願いを必ず叶えたい…。」

こんな感じならば、通常1500円の【神言鑑定】占いを無料でプレゼントします!

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果でアナタに合った願いが叶う為の法則や、願いが叶う為の考え方がわかると、あなたの思う事が叶えられる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常1500円の【神言鑑定】を無料でプレゼントします!

おまじないを叶える方法や、あなたの願いが何時叶うかも無料で診断できます♪

※20歳未満は利用できません。

※少しでも参考になったらブログランキングのクリックお願いします!

シェアする


当サイトのLINE@に登録して頂けると不定期に、恋愛に役立つマル秘情報をお届けします。

LINE@のアカウント名は「恋愛メディア事務局」です。

沢山のお友達登録お待ちしております。

友だち追加