死期が近い人の特徴や前兆|スピリチュアルな観点から見る死が近い人の目や臨終が近いことを知らせる表情【人が亡くなる前の不思議】 | フォルトゥーナ

死期が近い人の特徴や前兆|スピリチュアルな観点から見る死が近い人の目や臨終が近いことを知らせる表情【人が亡くなる前の不思議】

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

人の死期には前兆や兆候があると耳にしたことがあるあなた、とても気になるところです。

大切な人の死、自分自身の死は怖さを感じつつも興味を持つ場合もあり、それを知りたいと思うのは当然の心理です。

生きている人はみんな死を迎えますので、その前兆や兆候、自分の死期がわかる方法、亡くなる前の虫の知らせやお迎え現象、亡くなる3日前、死の24時間前などに起こる臨終が近い人に起きた事例、死期が近い人や自分の死期が近い時に回避する方法について詳しくご紹介します。

「臭い」「行動」「顔や目」が死期の前兆や兆候だと言われていますので、それぞれお伝えしますのでぜひ参考にしてください。

目次

死期の前兆

死期が近い特徴|「錆びた鉄やニンニクなど」の匂いがする

死ぬ時期が迫っている人からは、特別な臭いが発せられると言われています。

これは看護師や介護士などが口を揃えて言っているものであり、実際に近しい人が死んだ後に「あれが前兆だったんだ」と感じる人も少なくありません。

その臭いの報告には様々なものがあります。

病気を患っている人からは、錆びた鉄のような臭いにニンニクのような悪臭が混ざったようなもの。

特殊な霊感の持ち主には、線香に臭いがする場合もあるのです。

これまでに嗅いだことのある臭いを強烈にしたもの、と表現する人も少なくありません。

死期に携わる看護師や介護士などは、同じ臭いを嗅ぐことで、患者の死期が分かると言います。

一説には死に向かうことで、内臓が腐っていくと言われていることもあり、医師の中にも患者の死期について「そろそろだな」と感じる人もいるようです。

元気に過ごしている人から死臭が漂い、数日の内に交通事故で死を迎える場合もあり、あなどれない臭いだと言えます。

死期が近い行動

死期の前兆である行動にはいくつか報告があります。

死にゆく者が「そろそろだ」と感じているのか、無意識の中の本能がそうさせているのかは、死期の前兆ですから確かめるのが困難です。

しかし、死期を迎えた人には共通する行動がありますのでいくつかご紹介します。

部屋の掃除に取り掛かる

無性に部屋の掃除をしたくなり、身の回りの整理整頓に取り組むのも死期の兆候である場合があります。

不必要なものを処分し、誰が見ても何がどこにあるのか分かるようにする、という行動からは、自分の死後、残された人が遺品生理をしやすくしているとも言えるのです。

立つ鳥跡を濁さずということわざがありますが、まさにこのような心境なのか、掃除をして綺麗な状態で死期を迎えます。

無意識に手のひらを見つめる

手鏡という言葉をご存知の人は、これが死期の前兆であることも知っているはずです。

無意識に手のひら、特に右手を覗き込むような行動は死期の兆候だと言われています。

そこに鏡があるかのような行動は、見ている人も不思議な気持ちになる、つい「何をしているの?」と尋ねたくなるものです。

もし、自分が手鏡をしていることに気付いた時には、死期が近づいているのかもしれませんので、その行動を早くやめるようにしましょう。

黒い何かが見える

死期が近い人本人が見る場合と、その相手の近くで黒い何かを見る場合とがあります。

黒い何かは、人の形をしていたり塊だったりと見た人によって違うのです。

しかし、その後に亡くなることになりますので、お迎えの者であったり死を伝える死神のような存在なのかもしれません。

病院や施設内で話題になることも多く、病室から黒い塊が出てくるのを見た看護師が死の覚悟をするという話しもあります。

非科学的なことではありますが、同じことが続き、その度に死が訪れていることが分かれば信じたくなる気持ちにもなるものです。

センサーが反応しない

死期が迫り、魂が薄くなっているのか、センサーがその人に反応をしないということがあります。

今や何でもセンサーでものを動かすものが増えてきて、自動ドアや水道などが反応しないという場面は危機感を煽らせます。

このような機会が増えていると感じる人、または自分の死期が近いのかもしれません。

これは、魂が薄くなっていくことで影も同時に薄くなると言われていることに似ています。

何かがいつもと違う、そんな時には注意をしましょう。

死が近い人の目は「暗く淀んでいる」

焦点が合わない

死期が近い人は、話をしていても、一人で何かをしていても焦点が合っていない事が多くあります。

周りの人から見ると、「どこを見ているのかな?」と感じて話しかけますが、ぼんやりと曖昧な返事だけが返ってくる様な状況です。

何か必要な物を見ているのではなく、ぼんやりと視線を流しているだけなので、本人も意識を向けているわけではありません。

思考回路が穏やかになり、こだわりが無くなっていく事で、視る事に意識を集中させることが無くなっているわけです。

気が付けばぼーっとしてしまう、何を見ていたのか記憶にない、「何を見ているの?」と質問される、などが増えた時には死の世界がやってきている可能性があるので注意をしましょう。

人と会話をしている時に、焦点が合わないことがあれば、お相手から不思議がられます。

死期が近い時の反応は、通常のコミュニケーション下手とは違い、不快感ではなく、疑問が浮かぶそうなので、教えてもらえるケースが多いはずです。

輝きが失われている

死が近づいている時の目は、輝きが失われています。

目の輝きは、生命力そのものであり、体の奥底から沸き上がるエネルギーです。

そのため、本人にはどんな状態が輝いているのか、分かりにくいのが難点。

よく、やる気がない人や無目標のまま過ごしている人に対して、「目が死んでいる」「死んだ魚の目をしている」と揶揄する事がありますが、まさにそんな状態になっています。

私たちの体は、成人で60%程度が水分で出来ているのは知られていることです。

水分バランスが崩れ、瑞々しさが無くなることでも、輝きは失われると考えられます。

目が死んでいる時には、表情も豊かさを欠いているので、感情を味わう事が少なくなったと感じたら、親しい人に目がどんな様子か確認してもらうのも一つの方法です。

ずっと伏し目がち

死期が近づいてくると、目の使い方にも変化が訪れ、ずっと伏し目がちになります。

生きる気力がみなぎっている時には、自然と顔が正面や、やや上向きになり、ポジティブな言葉を発しやすくなっているはずです。

一方で、なぜかネガティブになってしまい、視線が下ばかりを向いて、うつむく表情になっている時には、運気も下がっているので、死も身近になっていきます。

生命力あふれる人と触れ合うのが苦手に感じ、人とのコミュニケーションを遠ざけるようになるのです。

全てを悟ったように批判的な言葉でまとめたり、人の言動を否定したりします。

希望を持つことが出来ないので、目の前の出来事もどこか他人事のように感じてしまい、まるで映画を見ているような光景に見える事も。

伏し目がちになっている事に気が付いたら、視線を変化させることでその時を遠ざけることも出来るかも知れません。

臨終が近いことを知らせる表情は「血色が悪く影がある」

血色が悪く白っぽい

血色が悪く、影があるように見える表情の時には、人生を終える時が近づいているサインです。

血色が良い・悪いと言われるのは、毛細血管に流れる血液が皮膚の表面を明るく見せるからであり、血流が体温上昇や代謝の状態にも大きく影響を与えます。

真冬の寒冷地に行くと、顔が白く見えたり、唇が紫になったりすることがありますが、これは毛細血管が収縮し、血液の流れが緩やかになっているからです。

死期が近くなると、体の代謝が悪くなり、血液の巡りも滞りがちになります。

そのため、本人が自覚していなくても血色が悪く「体調が悪そう」「今にも倒れそうだけど、大丈夫?」と言われることもあるくらいです。

気温もさほど過酷な状態ではない時に、健康だと思っているのに、周りの人から心配される時には、鏡をチェックして血液の流れを意識してみましょう。

皮膚が黒っぽくなる

臨終が近くなると、皮膚が黒っぽくなる事もあります。

皮膚が壊死したり、機能を果たさなくなったりすると、肌が変色して黒ずんで見えるのです。

血色が悪くなったり、リンパの流れが滞ったりすると、皮膚が異常をきたして黒くなってきます。

顔の表情筋を使っていなかったり、体を動かしていなかったりすることでも発症するので、生きる気力と連動しているとも言えるはずです。

皮膚が黒ければ、周囲の人からは病気を疑われ、「大丈夫?」と声を掛けられる事も多くなります。

本人は元気だと思っていても、余りにも心配されると、自身も「何か病気になったのかな」「そんなに不健康に見えるのかな」と不安になり、マイナスの出来事を引き寄せてしまう事もあるのです。

実際に、気持ちの面からも病気になってしまう事があるので、周囲に心配され始めたら、運動を始めるようにしましょう。

プラスの感情のみ読み取れる

死期が近づいている時には、プラスの感情のみ周りの人が読み取れるようになります。

ご高齢の方が、天命を全うされてご臨終する時には、とても満足そうな表情をすることが多いと言われているものです。

今までの人生を振り返り、幸せだったことが鮮明に思い出されるからだと言われています。

寿命で死を迎える時には、使命として抱えてきたことをやり遂げていたり、役割を終えたと満足できていたりするので、感謝の気持ちが沸き上がるわけです。

ネガティブな事ばかり言葉にしたり、不満ばかり思い浮かべるのは、やり残している事があるからで、まだ元気な証拠。

事故や病気など突然死の前にも、前兆として突然優しくなったり、今までの後悔を謝りに回ったりする事もあるので、行動と共にチェックしたいところです。

周りの人が「穏やかな顔だね」と言うようになれば、今何をするべきなのかを優先して行動していきましょう。

死ぬときわかる。自分の死期がわかる方法

身の回りの整理整頓をしたくなる

自分の死期が近づいたとき、今までキレイに使っていた部屋でさえも異常な程に綺麗にしたくなると言われています。

身の回りの整理整頓をしたくなるため、乱雑に積み重ねられた本を束ねたり、物置の断捨離をしたりとどんどんと家の中が片付いていくのです。

また、人間関係も苦手だと思っていたけど付き合いを続けていた人とあっさり縁を切ることに抵抗がなくなるなど、自分の気持ちの整理もしていくようになります。

とにかく自分に関わることを綺麗に整理整頓して、身を軽くしたいと思うようになるのです。

借りたままの本やCDなども、すぐ持ち主に返したくなります。

生きてきた中でお世話になった人の顔が浮かび挨拶に行きたくなる

自分の死期が近くなると、今まで生きてきた中でお世話になった人の顔が、次々と浮かぶようになります。

そして、なぜかお礼や挨拶に行きたくなるのです。

何十年前のことであったとしても、「あの時があったから、今の私があります。ありがとうございました」と自分の人生にとってなくてはならなかったことだということを、どうしても伝えたくなってきます。

期間限定
恋愛や仕事やお金や人間関係の悩みが尽きない世の中…。

本当に生きずらい世の中になりましたが、幸せを手にする方法がないわけではありません。

神様は「すぐ行動する人が大好き」です。

幸運をつかみたのなら、初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

-->
The following two tabs change content below.

フォルトゥーナ(fortune)

フォルトゥーナ(Fortuna, フォーチューナ)は、ローマ神話に伝えられる、運命の女神。運命の車輪を司り、人々の運命を決めるという。 【当サイトで紹介している、おまじないはアナタに確実にピッタリあったおまじないとは限りません。おまじないで願いを必ず叶えたいなら、当サイトで紹介している占いをまず試してみてください。あなたの幸せを心より願っております。】

【期間限定】願い事を叶えたい思っていませんか?

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「今思っている願いを必ず叶えたい…。」

こんな感じならば、【神言鑑定】の占いを初回無料でプレゼントします!

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果でアナタに合った願いが叶う為の法則や、願いが叶う為の考え方がわかると、あなたの思う事が叶えられる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【神言鑑定】を初回無料でプレゼントします!

おまじないを叶える方法や、あなたの願いが何時叶うかも初回無料で診断できます♪

※20歳未満は利用できません。

※少しでも参考になったらブログランキングのクリックお願いします!

シェアする


今、あなたに本当の奇跡が舞い降りる!

今話題の実力派鑑定士があなたお思え描く

輝かしい未来へとつなぐ架け橋となります。

なんと今なら初回鑑定料が無料!