死期の前兆。死期が近い兆候は臭いや行動や目や顔に表れます | フォルトゥーナ

死期の前兆。死期が近い兆候は臭いや行動や目や顔に表れます

人の死期には前兆や兆候があると耳にしたことがあるあなた、とても気になるところです。

大切な人の死、自分自身の死は怖さを感じつつも興味を持つ場合もあり、それを知りたいと思うのは当然の心理です。

生きている人はみんな死を迎えますので、その前兆や兆候について詳しくご紹介します。

「臭い」「行動」「顔や目」が死期の前兆や兆候だと言われていますので、それぞれお伝えしますのでぜひ参考にしてください。

死期の前兆

「臭い」

死ぬ時期が迫っている人からは、特別な臭いが発せられると言われています。

これは看護師や介護士などが口を揃えて言っているものであり、実際に近しい人が死んだ後に「あれが前兆だったんだ」と感じる人も少なくありません。

その臭いの報告には様々なものがあります。

病気を患っている人からは、錆びた鉄のような臭いにニンニクのような悪臭が混ざったようなもの。

特殊な霊感の持ち主には、線香に臭いがする場合もあるのです。

これまでに嗅いだことのある臭いを強烈にしたもの、と表現する人も少なくありません。

死期に携わる看護師や介護士などは、同じ臭いを嗅ぐことで、患者の死期が分かると言います。

一説には死に向かうことで、内臓が腐っていくと言われていることもあり、医師の中にも患者の死期について「そろそろだな」と感じる人もいるようです。

元気に過ごしている人から死臭が漂い、数日の内に交通事故で死を迎える場合もあり、あなどれない臭いだと言えます。

「行動」

死期の前兆である行動にはいくつか報告があります。

死にゆく者が「そろそろだ」と感じているのか、無意識の中の本能がそうさせているのかは、死期の前兆ですから確かめるのが困難です。

しかし、死期を迎えた人には共通する行動がありますのでいくつかご紹介します。

部屋の掃除に取り掛かる

無性に部屋の掃除をしたくなり、身の回りの整理整頓に取り組むのも死期の兆候である場合があります。

不必要なものを処分し、誰が見ても何がどこにあるのか分かるようにする、という行動からは、自分の死後、残された人が遺品生理をしやすくしているとも言えるのです。

立つ鳥跡を濁さずということわざがありますが、まさにこのような心境なのか、掃除をして綺麗な状態で死期を迎えます。

無意識に手のひらを見つめる

手鏡という言葉をご存知の人は、これが死期の前兆であることも知っているはずです。

無意識に手のひら、特に右手を覗き込むような行動は死期の兆候だと言われています。

そこに鏡があるかのような行動は、見ている人も不思議な気持ちになる、つい「何をしているの?」と尋ねたくなるものです。

もし、自分が手鏡をしていることに気付いた時には、死期が近づいているのかもしれませんので、その行動を早くやめるようにしましょう。

黒い何かが見える

死期が近い人本人が見る場合と、その相手の近くで黒い何かを見る場合とがあります。

黒い何かは、人の形をしていたり塊だったりと見た人によって違うのです。

しかし、その後に亡くなることになりますので、お迎えの者であったり死を伝える死神のような存在なのかもしれません。

病院や施設内で話題になることも多く、病室から黒い塊が出てくるのを見た看護師が死の覚悟をするという話しもあります。

非科学的なことではありますが、同じことが続き、その度に死が訪れていることが分かれば信じたくなる気持ちにもなるものです。

センサーが反応しない

死期が迫り、魂が薄くなっているのか、センサーがその人に反応をしないということがあります。

今や何でもセンサーでものを動かすものが増えてきて、自動ドアや水道などが反応しないという場面は危機感を煽らせます。

このような機会が増えていると感じる人、または自分の死期が近いのかもしれません。

これは、魂が薄くなっていくことで影も同時に薄くなると言われていることに似ています。

何かがいつもと違う、そんな時には注意をしましょう。

「顔や目」

死期は顔や目にも出ると言われており、それを死相と呼びます。

分かりやすいのは、顔や目の周りに影が出てくることです。

陽に当たれば自然に影が出て、黒く見える部分がありますが、それは目のくぼみやしわの部分の話しです。

死相は、このような場所ではなくおでこや頬など、影が普通なら出ないような場所に出てきて、全体的に暗いイメージになっていきます。

霊感を持っていない人でも見分けられる死相からは「元気がないな」「健康を害しているのでは?」と思われることもあるでしょう。

何だか気になっているところに訃報が飛び込んでくるかもしれません。

死相は人によって出る時期が違うそうです。

死の直前に出たり、数か月前からゆっくりと出てきたりと様々ですので、まだ間に合うかもしれませんので、死相を発見した時には何らかの手を打つことで死期を遅らせることが出来ることもあるので行動に移しましょう。

亡くなった方と話したい。死者とコンタクトや対話をする方法
愛しい人、大切な人を失ったら、誰しもがもう一度話したいと願わずにはいられないものです。実はその願いを叶える方法が存在します。亡くなった方と話したいと願っているあなたへ、死者とコンタクトや対話をする方法を詳しく解説します。

死期の前兆や兆候があります

見た者にしか分からないかもしれませんが、死期の前兆というものは存在します。

それは、その人の臭いや行動、顔や目に表れると言われていて、直感的に「この人はもうすぐ死ぬのかもしれない」と感じさせられるもの。

亡くなって初めて「あれは死期を告げるものだったのか」と分かることも多く、人間はとても不思議なものです。

人はいつかは死ぬ生き物、その先のことは生きている人にはわかりませんが、その死期が表される場合があることは覚えておきましょう。

時にそれは告げられていることもあり、気付いた時に対処することで死期を遅れさせることも出来るかもしれません。

The following two tabs change content below.
フォルトゥーナ(fortune)

フォルトゥーナ(fortune)

フォルトゥーナ(Fortuna, フォーチューナ)は、ローマ神話に伝えられる、運命の女神。運命の車輪を司り、人々の運命を決めるという。 【当サイトで紹介している、おまじないはアナタに確実にピッタリあったおまじないとは限りません。おまじないで願いを必ず叶えたいなら、当サイトで紹介している占いをまず試してみてください。あなたの幸せを心より願っております。】

【期間限定・3月31日(日曜)迄】願い事を叶えたい思っていませんか?

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「今思っている願いを必ず叶えたい…。」

こんな感じならば、通常1500円の【神言鑑定】占いを無料でプレゼントします!

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果でアナタに合った願いが叶う為の法則や、願いが叶う為の考え方がわかると、あなたの思う事が叶えられる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常1500円の【神言鑑定】を無料でプレゼントします!

おまじないを叶える方法や、あなたの願いが何時叶うかも無料で診断できます♪

※20歳未満は利用できません。

※少しでも参考になったらブログランキングのクリックお願いします!

シェアする



あなたにおとずれる未来や運勢を占います。

誰でも生まれ持っているオーラカラーがあります。

人生経験で培ったオーラカラーもあります。

オーラの光に映った色から、あなたの深層心理や願望、欲求など真実だけを伝えて幸せに導きます。

人に言えない悩みや辛くて苦しい原因を取り除き未来を占います。