お盆のお迎えで迎え火や送り火、墓参りの正しい方法と実は間違った方法 | フォルトゥーナ

お盆のお迎えで迎え火や送り火、墓参りの正しい方法と実は間違った方法

「亡くなった魂はきちんと帰って来られているのかな」「安心して送り出すことが出来たのかな」と見えないものだから不安に感じているあなた。

地域によってもやり方が様々で、何が正しいのか分からず、本当にきちんと霊を迷子にさせていないのかと不安になっている方も少なくありません。

ここでは、お盆でのお墓参り、迎え火、送り火の正しい方法をご紹介します。

勘違いしやすいポイントも一緒にお伝えしますので、今後のお盆に是非役立ててください。

正しいやり方を知って、きちんと先祖を供養し、感謝しながら共に過ごし、魂を安心させましょう。

お盆のお迎えで迎え火や送り火

迎え火・送り火の正しい方法

ご先祖様の霊が迷わずに家に帰って来るための「迎え火」、再びあの世へ送り出すための「送り火」の正しい方法。

必要な物は、オガラ、焙烙です。

迎え火のやり方は、13日の夕方に盆提灯に火を灯します。

家の門口や玄関で素焼きの焙烙にオガラを折り、積み重ねて燃やしてください。

燃え尽きるまで消してはいけません。

燃やして出る煙でご先祖様の霊が家に帰ってきます。

「家がどこか分からない」と彷徨わせない為にも、きちんと火を焚きましょう。

送り火のやり方は、16日の夕方に迎え火を行った場所で火を焚きます。

必ず迎え火をした同じ場所で行ってください。

送り火の時には、お供え物(精霊馬)のきゅうりや、茄子で作った牛などもオガラと一緒に燃やしていきます。

送り火も迎え火と同じで、煙によってご先祖様がお墓へと帰って行くのです。

マンションやアパートなどといった火が焚けない家では、盆提灯で行います。

玄関先で盆提灯を手に持ち、家までの目印として迎え入れてください。

迎え火・送り火の間違った方法

迎え火をする際の間違った方法をご紹介します。

家だけではなく、お墓で迎え火を行う地域もあるのです。

地域のやり方に合わせましょう。

お墓で迎え火を行う場合、オガラの火を盆提灯に移し火を灯したまま自宅へ帰ってください。

よく勘違いされているやり方が、お墓で清めたら火を消して帰ってしまう例が少なくありません。

特に初盆を迎える方は、魂が初めてお墓から家へと帰ってくる際、迷わないようにするため、火を灯しておきましょう。

移動で火を灯すのが危険な場合は、電気の提灯で構いません。

灯りを灯して、お墓から自宅までの帰り道を霊が迷わないように、明るく照らし知らせる必要があるのです。

迎え火を行い、送り火を済ませるまでは、灯りは消しません。

迎え入れたら直ぐ消すのではなく、きちんと霊を家から送り届けたら灯りを消してください。

たくさんの情報があり、それが地域によっても違ってくるため、どれが正しいやり方なのか分からなくて困っている人は多くいます。

しかし、迎え火で霊を家に無事に帰らせ、送り火でお墓に帰らせるための行いだということは同じで、灯りを消さずに過ごす習慣に変わりないのです。

お盆のお墓参り

お墓参りの正しい方法

お盆のお墓参りの正しい方法をご紹介します。

お盆のお墓参りに行く日は、13日から16日の4日間です。

時間帯は絶対にこの時間と決まってはいませんが、午前中にお参りする方が良いとされています。

お墓掃除は、敷地内から取り掛かり、そのあと墓石を掃除してください。

花筒や線香皿は、綺麗に水洗いします。

お供えの菊は、邪気を払うとされている、仏花です。

そしてお供え物を置いていきますが、特にダメなものはありませんので、お酒が好きだった方には蓋を開けてお供えしてあげてください。

お供え物はそのままにせず、持ち帰りましょう。

カラスなどに荒らされて汚くなる可能性があるからです。

お参りをする順番は、必ず生前故人と関りの深かった人から行います。

お盆でのお参りは必ず、感謝の気持ちを語り掛けましょう。

お墓参りの間違った方法

お盆でのお墓参りの注意点としていくつか挙げていきます。

13日から16日の間で明るいうちにお墓参りに行けない場合は、その前後で構いません。

夜などの暗い時間に行く方もいますが、真っ暗な中お盆にお墓参りに行くのはあまり良いものだとされてません。

一番勘違いしやすい間違ったお供え物が、花の種類。

一般的には、仏花である菊を供える方ほとんどです。

しかし、最近では棘や毒のある花を持って行く方が増えてきています。

生前、故人が好きだった花であったとしても、お供えして良いお花ではありません。

香りの強いユリなども避けてください。

基本的に縁起の悪いものはお供えしてはいけません。

例として、花が落ちる椿、棘のある薔薇、香りの強いユリ、毒のある彼岸花などです。

正しいやり方で故人を偲び、気持ちよく送り出してあげましょう。

正しいお盆の過ごし方をしましょう

正しいお盆の過ごし方、それは故人とゆっくりとした時間を共に過ごしていきましょう。

今までお世話になったご先祖様の眠るお墓を掃除し、手を合わせ感謝します。

普段ではなかなか行けないお墓も、お盆の期間はお参りするようにしていきましょう。

気持ちよく自宅に帰って来られるように、そしてお墓に帰って行けるように、正しいやり方やマナーでお盆を迎えてください。

たくさん情報が行き交っている現代でも、意味するものは昔と同じです。

変わらない地域もあれば、現代に合わせて変えている場所もあります。

しかし、これは故人を偲び、感謝をするためなので、最低限であるやる意味はきちんと理解しておく必要があるのです。

迎え火・送り火・お墓参りの正しいやり方を頭に入れて、良いお盆をご先祖様と一緒に過ごし、安心させてあげましょう。

The following two tabs change content below.
フォルトゥーナ(fortune)

フォルトゥーナ(fortune)

フォルトゥーナ(Fortuna, フォーチューナ)は、ローマ神話に伝えられる、運命の女神。運命の車輪を司り、人々の運命を決めるという。 【当サイトで紹介している、おまじないはアナタに確実にピッタリあったおまじないとは限りません。おまじないで願いを必ず叶えたいなら、当サイトで紹介している占いをまず試してみてください。あなたの幸せを心より願っております。】

【期間限定・8月25日(日曜)迄】願い事を叶えたい思っていませんか?

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「今思っている願いを必ず叶えたい…。」

こんな感じならば、通常1500円の【神言鑑定】占いを初回無料でプレゼントします!

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果でアナタに合った願いが叶う為の法則や、願いが叶う為の考え方がわかると、あなたの思う事が叶えられる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常1500円の【神言鑑定】を初回無料でプレゼントします!

おまじないを叶える方法や、あなたの願いが何時叶うかも初回無料で診断できます♪

※20歳未満は利用できません。

※少しでも参考になったらブログランキングのクリックお願いします!

シェアする



あなたにおとずれる未来や運勢を占います。

誰でも生まれ持っているオーラカラーがあります。

人生経験で培ったオーラカラーもあります。

オーラの光に映った色から、あなたの深層心理や願望、欲求など真実だけを伝えて幸せに導きます。

人に言えない悩みや辛くて苦しい原因を取り除き未来を占います。