愛犬が死んだら生きていけないとペットロスが怖い人へ|犬の生まれ変わりの実例 | フォルトゥーナ

愛犬が死んだら生きていけないとペットロスが怖い人へ|犬の生まれ変わりの実例

大切な家族の一員として一緒に暮らしてきた愛犬が、居なくなってしまった事を考えると、怖くて眠る事さえも出来ないと思ってしまう方へ。

生き物は、体の大きさに比例して平均寿命が違うと言われていますが、ペットとして飼っている愛犬は、多くの場合人間よりも早く亡くなってしまいます。

ペットロスになるのが怖いと思っているあなたへ、犬の生まれ変わりの実例をご紹介しましょう。

愛犬が死んだ後、別の姿で生まれ変わる時の事をイメージして、ペットロスを回避するトレーニングを行っておくのも、一つの方法です。

犬の生まれ変わりの実例

白い靴下の愛犬

小学生の頃、譲り受けた子犬は、雑種でしたが、トレードマークのように白い靴下をはいたような前足の模様が可愛くて、誰からも愛されて育っていました。

名前は「シロ」。

もちろん、あの靴下のような前足の模様から取った名前です。

夕食の時には、さんまを食べている私の元にきて、「僕も欲しい」と言わんばかりの顔で見てくるほど、魚が大好きな子でした。

大きなけがもなく育っていましたが、私も大人になり、就職して2年目の春、老衰で亡くなってしまったのです。

今までずっと一緒に過ごしてきた分、心の中は酷い虚無感で、気力を失っていました。

新しい動物を飼う気にもならず、そのまま3年が経過したころ、会社の駐車場に一匹の犬が迷い込んできたのです。

普段なら、ネコはよく見かけますが、犬は珍しいと思い、「どんな子なのか見てみよう」と向かってみました。

とても可愛い子犬だったのですが、見た瞬間に「シロの生まれ変わりだ」と直感。

全体的な見た目は、全然違いますが、トレードマークの白い靴下風の模様が同じだったのです。

里親を探したけど、見つからなかったので、引き取ることにし、家族と共に「白が帰ってきた」と喜んで、大切に育てました。

帰ってきたおばあちゃんの愛犬

子供の頃、どうしても犬が飼いたくて、両親に強くおねだりを繰り返していた時期があります。

最初は反対されていましたが、ついに根負けした父親が、新聞の里親募集欄を見つけ、雑種の子犬を譲り受けることになりました。

名前は、ハナという女の子です。

念願が叶ったこともあり、ワタシは大切にお世話をして、家族と共にとても愛情をこめて可愛がっていました。

いつもの里帰りの時期。

ハナを飼い始めて初めて、おばあちゃんの家に規制することになり、お披露目を兼ねて連れて行きました。

おばあちゃんの家の庭は、とても広いので、ハナを遊ばせられるとも考えていたので、とても楽しみにしていたのを覚えています。

ハナと共に会いに行くと、とても驚いた様子のおばあちゃんの表情。

夕食時に、親族が集まってくると、皆ハナを見てとても不思議そうな顔をします。

理由を尋ねると、昔の写真を持ってきてくれました。

「あなたが生まれるずっと前に、ここで飼っていた子だよ」と見せてくれた写真の犬は、まるでハナそのもの。

肺炎により亡くなってしまったそうですが、ユキと名づけられた迷い犬は、おばあちゃん家で可愛がられていたそうです。

犬がいた事も初耳だったのですが、「ユキの生まれ変わりだ」ととても喜びました。

愛犬からのメッセージ

とても大切にしていた愛犬を亡くし、49日が経過したころ、その子が3日連続で夢に表れました。

最初は「会いに来てくれて、嬉しい」と思ったのですが、とても不思議な内容だったので、「どういう事かな?」と気になっていました。

その夢とは、亡くなった愛犬が、知らない犬と共に出てきて、「ワタシを探して」と伝えるというもの。

ワタシを探すとは、どういうことなのか、あの知らない犬は何なのか、ピンとくることもなく、しばらくすると夢の事も忘れてしまいました。

ペットロスが酷くなりつつあったので、気持ちを切り替えるためにも、譲渡会に参加することに。

亡くなった子と同じ種類の犬を引き取る予定で、譲渡会へ向かったのですが、ふと視線を感じました。

振り向いてみると、あの夢に出てきた知らない犬と同じ子が、そこにはいたのです。

一瞬にして、夢の事を思い出し、「この子が生まれ変わりか」と直感で全てを理解しました。

出会った子の誕生日の奇跡

兄妹のように仲良く育ってきた愛犬が、病気で亡くなってしまいました。

何をするにも一緒で、カラダが大きな子だったので、居なくなると家がガランとしてしまったような気になり、気持ちも戻らず、辛い日々が続いていたのです。

あまりの寂しさに、気が付くとペットショップに向かっていました。

たくさんの動物に囲まれて、愛犬と一緒に過ごした日々が蘇り、胸が熱くなっていた時、どうしても気になる子がいたので、連れて帰らないといけないという気持ちになったのです。

小さな犬でサイズも種類も違いますが、亡くなった愛犬とどこか雰囲気が似ているように感じていました。

ふわふわとした感覚で、連れて帰ったので、後から調べて分かったのですが、個体情報をよく見ると、誕生日が愛犬が亡くなった日と同じだったのです。

生まれ変わりに違いないと確信し、運命に導かれて出会った事に、感謝をしました。

生まれ変わりを信じてみよう

大切にしている家族がいなくなれば、ペットであっても、辛くて「生きていけない」と気持ちが落ち込んでしまうものです。

愛犬が死んだら、ペットロスになってしまうのではないかと不安になっているなら、生まれ変わりがある事を信じてみましょう。

運命的な出会いがあり、「返って来てくれた」と思う事が出来れば、幸せな気持ちになるはずです。

実際に、不思議な出来事を体験した人は、数多くいるので、奇跡を信じて恐怖を回避しましょう。

The following two tabs change content below.

フォルトゥーナ(fortune)

フォルトゥーナ(Fortuna, フォーチューナ)は、ローマ神話に伝えられる、運命の女神。運命の車輪を司り、人々の運命を決めるという。 【当サイトで紹介している、おまじないはアナタに確実にピッタリあったおまじないとは限りません。おまじないで願いを必ず叶えたいなら、当サイトで紹介している占いをまず試してみてください。あなたの幸せを心より願っております。】

【期間限定】悩みを解決して幸せになりたいと思っていませんか?

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「もっと幸せになりたい…。」

こんな感じならば、【神言鑑定】の占いを初回無料でプレゼントします!

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果でアナタに合った幸せになる為の法則や、幸せになる為の考え方がわかると、不安や不幸の訪れない幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【神言鑑定】を初回無料でプレゼントします!

スピリチュアルなパワーをアップさせる方法や、あなたの悩みが何時解消するかも初回無料で診断できます♪

※20歳未満は利用できません。

※少しでも参考になったらブログランキングのクリックお願いします!

シェアする


今、あなたに本当の奇跡が舞い降りる!

今話題の実力派鑑定士があなたお思え描く

輝かしい未来へとつなぐ架け橋となります。

なんと今なら初回鑑定料が無料!