呪いの言葉|ラテン語やギリシャ語などの最古の黒魔術 | フォルトゥーナ

呪いの言葉|ラテン語やギリシャ語などの最古の黒魔術

おまじないや呪術など、思いを込めて強く願ったり、恨みを込めたりする呪いの言葉や儀式は、遥か昔から存在します。

「古い黒魔術ってどんなものがあるのかな」「どんな言語で呪いがかけられているのか知りたい」と思っているあなたへ、様々な国で残されている最古の黒魔術をご紹介しましょう。

あらゆる思いで残された呪いの言葉を知り、人の心に巣食う闇や、考えを知るヒントにしてください。

「憎いあの人をひっそり黒魔術で呪ってしまおう」と考えている人にとっても、参考になるはずです。

ラテン語やギリシャ語などの最古の黒魔術

【ラテン語】「私に財宝をください」

最古の黒魔術には、よくラテン語がつかわれています。

呪術に関して有名な書物も、いくつか存在しますが、「大奥義書」もその一つ。

多くの黒い書と呼ばれる魔術の書物は、妖精や天使などの名前が記されており、悪魔は一精霊として描かれている事が多いのですが、大奥義書では、地獄からやってきて人の魂を食らう存在となっています。

悪魔との契約の中で、財宝をせしめる方法が記されているのです。

「悪魔との契約を結びたい。私に、財宝をください。さもなくば、この呪文で閣下を苦しめる」と脅しています。

「魂をよこせ」と恫喝されますが、納得できるはずのない契約書を盾に、呪文で悪魔を苦しめながら、強引に応じさせるわけです。

【ギリシャ語】「おまえたち不浄の者たちは遠くにいけ」

黒魔術として知られている呪文の中にも、詳しく調べるとなまりのあるギリシャ語の呪文であると分かったものがあります。

それが、「ヘカス ヘカス エステ ベベーロイ」という呪文。

「おまえたち、不浄の物たちは、遠くに行け」という訳します。

古代ギリシアのエレウシスにて、宗教的に成立した崇拝があり、伝承され続けた祭儀が、エレウシースの密儀。

農業崇拝のものですが、古代ギリシアでは、最大の崇拝者を誇ります。

リチュアルの重要な部分は非公開であり、非常に厳格に秘密が守られていた宗教です。

エレウシースの秘儀に関連する呪文であり、催事などで活用されたのではないかと推測されています。

【ヘブライ語】「わたしは打ち据え、打ちのめし、舌や目にくぎを打ち込む。憤怒、先延ばし、レニーズの敵意にまみれている」

人を呪うための言葉は、口伝で伝えられたものだけでなく、石板で残されているものも数多くあります。

ヘブライ語で記された約1700年前のタブレットでは、恐ろしい呪いが書き込まれていたものです。

当時、レニーズという人物に関する裁判が行われており、引き込まれてしまった女性、キリラを守護してもらえるよう、6人の神に祈りを捧げた内容。

「私は打ち据え、うちのめし、舌や目にクギをうち込む。怒りの感情を先延ばし、レニーズの敵意にまみれている」

地下を寝床とする悪魔を呼び出し、魔術師に依頼して刻み込んだこのタブレットは、ヘカテ、ハデス、ペルセポネー、ヘルメス、アブラクサス、エレスキガルと6人の神に依頼するほど、厳しい裁判だったことがうかがえます。

【フランス語】「神の法廷に引きずり出してやる」

キリスト信者の巡礼を護衛するためのお役目を果たしていた、テンプル騎士団の最後の総長、ジャック・ド・モレ―という人物が、命果てる時に残した言葉が呪いとなったという話があります。

テンプル騎士団は、国の財政も任されていたほど信頼の厚い集団です。

財力を羨んだのか、当時のフランス国王であるフィリップ4世は、誠意を尽くして働いていたテンプル騎士団を異端児としてでっち上げます。

拷問による真実とは異なる自白、捏造された証拠などを根拠に、総長及び上層部の幹部たちは、火刑に。

生きたまま火あぶりをされたジャックドモレーは「神の法廷に引きずり出してやる」と叫び、呪いをかけます。

その後、次々に関係者が死亡した、という事実が残っているのです。

【ドイツ語】「我々はお前を呪う」

最古というには少し近代になりますが、有名なアドルフ・ヒトラーを呪ったブードゥー教の儀式が記録に残っています。

ドイツの独裁政治を行っていたヒトラーは、多くの人々から恨みを買っていたはずです。

有名なイギリスの魔術師、アレイスター・クロウリーの友人である、ウィリアム・シーブルックという人物は、理想主義グループと共になって、呪いのパーティーを行います。

アドルフヒトラーに見立てた等身大の人形を横たえ、斧やくぎ、内務省からトムトムという太鼓も貸し出され、政府との関連も匂わせた儀式です。

「お前はヒトラー。ヒトラーはお前だ。お前のところに災いを。ヒトラー。お前は人類、全世界の敵だ。我々はお前を呪う。お前が流させた涙と血により呪いをかける。全ての人の呪いをまとめて、おまえに祟る」と呪文をかけます。

人形を虐待し、最後に斬首して、木の根元に埋めて蛆に食わせて終了。

全ての様子は、写真にて記録が残っています。

【日本語】「一日に千人の人間を殺しましょう」

日本で最古の呪いの言葉は、日本を生み出した夫婦での会話です。

イザナミが火の神を出産した際、大やけどにより黄泉の国へ行ってしまいます。

追いかけたイザナギは、妻に会いたいと懇願しますが「決して私の姿を見ないでください」と告げられていたにも関わらず、イザナミを見てしまい、変わり果てた姿に仰天。

慌てて黄泉の国から逃げかえるのですが、裏切られたイザナミが怒りと悲しみで放った言葉が「一日に千人の人間を殺しましょう」という言葉。

それに対して、イザナギは「一日に千五百の産屋を建てよう」と答え、この世に生と死が誕生します。

夫婦のやり取りにより、人間は1日に1000人死、1500人産まれるという法則が出来上がったのです。

人の心が動くところに呪いが生まれる

最古の黒魔術や呪いの言葉を見ていくと、どんな時代でも、人は誰かを呪うという事が良く分かります。

強い念は、多くの影響を残すものです。

魔術や悪魔の力を借りて人を不幸に導くと、自分にも危険が及ぶ事を覚えておきましょう。

The following two tabs change content below.

フォルトゥーナ(fortune)

フォルトゥーナ(Fortuna, フォーチューナ)は、ローマ神話に伝えられる、運命の女神。運命の車輪を司り、人々の運命を決めるという。 【当サイトで紹介している、おまじないはアナタに確実にピッタリあったおまじないとは限りません。おまじないで願いを必ず叶えたいなら、当サイトで紹介している占いをまず試してみてください。あなたの幸せを心より願っております。】

【期間限定】悩みを解決して幸せになりたいと思っていませんか?

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「もっと幸せになりたい…。」

こんな感じならば、【神言鑑定】の占いを初回無料でプレゼントします!

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果でアナタに合った幸せになる為の法則や、幸せになる為の考え方がわかると、不安や不幸の訪れない幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【神言鑑定】を初回無料でプレゼントします!

スピリチュアルなパワーをアップさせる方法や、あなたの悩みが何時解消するかも初回無料で診断できます♪

※20歳未満は利用できません。

※少しでも参考になったらブログランキングのクリックお願いします!

シェアする


今、あなたに本当の奇跡が舞い降りる!

今話題の実力派鑑定士があなたお思え描く

輝かしい未来へとつなぐ架け橋となります。

なんと今なら初回鑑定料が無料!