夜に爪を切ると親の死に目に会えないの本当の理由と夜の爪切りは何時までなら大丈夫かを紹介 | フォルトゥーナ

夜に爪を切ると親の死に目に会えないの本当の理由と夜の爪切りは何時までなら大丈夫かを紹介

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「夜に爪を切ると親の死に目に会えないよ」と言われた経験を持つ人も、少なくありません。

昔の迷信だと気にしない人もいますが、言い伝えられて物語には、最初の出来事や理由があるものです。

「どうしていけないの?」「何時までだったらOKなの?」と疑問を持った方のために、夜に爪を切ると親の死に目に会えないと言われている本当の理由について、詳しく解説していきますね。

言い伝えを信じる人にとっては、時間も知って守っておきたいと思うところ。

現代においては該当する話なのか、何時までに切っておけばいいのかまで紹介していますので、気になる方は意識してみてくださいね。

夜に爪を切ると親の死に目に会えないの本当の理由

手元が良く見えないケガによる早死に

夜に爪を切るといけないと言われているのは、時代背景と照明の進化に目を向けると見えてきます。

人間は、ある日突然、爪が生えてきたわけでも、伸び始めたわけでもありません。

物語が伝承し始めた文字や言葉の文化がスタートした頃の、時代背景を考えてみましょう。

誰もが平等に伸びてくる爪ですが、切り方は身分によって違っていました。

江戸時代中期ごろまで、武士は短刀、庶民はノミで切っており、当時の夜灯りは月とろうそく、焚火くらいでした。

揺らめく灯りの中で、刃物を使って爪を切る行為は、ケガの元。

綺麗な断片になるはずもなく、爪先がギザギザになって周囲の人を傷つけたり、誤って指を切ってしまったりすると、ケガから細菌が入り、最悪の場合は、死に至る事もありました。

親の死に目に会えないのは、自分が先に亡くなってしまうから。

短命に導く行為であるため、手元が見えにくい夜は避けるべきだと言われていたのです。

体の一部を損なうという意味

爪が体の一部であり、親からもらった肉体を損なうという意味で、忌み嫌われていたため、邪悪なものが彷徨うとされる夜には、切るのはNGだとされています。

日本書紀にも、「爪には霊魂が宿っている」という類の記述があるのです。

へその緒を残しておく風習が古くから伝わっているように、親から受け継いだ肉体や体の一部は、切り離されても自分の分身であると考えられる事が多くあります。

夜は、霊魂が浮遊する時間として、外出する事を避けていたように、魂が宿るとされている部分を削ぎ落すことで、肉体を粗末にし、念が体から分裂するように思えたのかもしれません。

親からの授かりものを粗末にしないためにも、時間帯を選んだはずです。

埋葬する習慣の影響

爪や髪の毛を埋葬する習慣の影響により、死者とのつながりを強めるという理由で、夜に切ると死に目に会えないと言い伝えられています。

死者と繋がると、自分の死期を早めることになるわけです。

現在では、火葬が一般的になっていますが、古くは土葬されることが多かった日本。

期間限定
恋愛や仕事やお金や人間関係の悩みが尽きない世の中…。

本当に生きずらい世の中になりましたが、幸せを手にする方法がないわけではありません。

神様は「すぐ行動する人が大好き」です。

幸運をつかみたのなら、初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

近親者が亡くなった時には、自分の爪や髪の毛を添えて、「傍に居るからね」と埋葬されていました。

霊魂が近くにやってくると同時に、邪気も彷徨う夜には、爪を切る事でそれらの存在を呼び寄せる行為となってしまうのです。

悪霊に憑りつかれたり、不治の病にかかってしまったりと、親不孝になったり死に近づいたりと、穏やかな生涯を送ることが難しくなります。

死者は、生者とは別次元の存在として認識しておく必要があるため、繋がりを深くする夜には、想いを寄り添わせるべきではないとされているわけです。

夜の爪切りは何時までなら大丈夫か

夜の19時まで

一体何時までなら大丈夫かと疑問に思うでしょうが、夜の19時くらいが目安です。

昔の生活習慣に目を向けると、電気がなかったため、月や行燈を頼りに動くしかありませんでした。

日が暮れ始めて、行燈や火皿の油脂が灯しますが、点灯が持続するのは長くても40分程度とされています。

冬は、すぐに真っ暗になってしまうため、早く就寝する生活だったのです。

何度も火を灯すような贅沢な暮らしも出来なかったため、当時の頃には日が暮れる17時ごろには寝ています。

夏至の頃には、19時くらいに日が暮れるので、その辺りから夜が更けている時間と考えられるはずです。

現代でも、19時であれば多くの人が起きていますし、家でくつろいでいる時間となります。

眠くなって手元が狂わないうちに爪を切っておきましょう。

夜中の2時まで

爪をカットしていいのは、夜中の2時とも考えられます。

親の死に目に会えない理由としては、邪気や低級霊の存在が影響しているのです。

丑三つ時と言われるのは、夜中の2時半。

この時間帯には、魔物がうろつくと言われています。

黒魔術やおまじないを行うのも、丑三つ時が多く見受けられるはずです。

闇の力が濃く、強くなる時間には、良からぬ考えが浮かんだり、自傷願望が高まったりしてしまうので、避けておきましょう。

深夜に爪を切ると、眠気や疲れからケガをしてしまいかねません。

現代社会では、夕方の早い時間までに爪を切っておくという習慣をつけるのは、難しい人も多いですが、20時や21時くらいなら、間に合わせるべきです。

親不孝をしないためにも、衛生管理は常に気を付けておきたい所だと言えます。

時代に合わせて時間は融通が利く

夜と言われても、どのくらいの時間なのかハッキリしない「親の死に目に会えない」という爪を切る時の迷信。

背景を知れば、ケガや不注意に対する注意喚起だと分かります。

生活時間が変わった現代でも、目を酷使している人が多く、眼精疲労から判断力の低下や視界の不明瞭さが表れる人も少なくないはず。

時間自体は、現代に合わせて融通が利きますが、自分の身なりを整える事や衛生面を考えても、明るい時間にチェックをして、対応していきたい所です。

The following two tabs change content below.

フォルトゥーナ(fortune)

フォルトゥーナ(Fortuna, フォーチューナ)は、ローマ神話に伝えられる、運命の女神。運命の車輪を司り、人々の運命を決めるという。 【当サイトで紹介している、おまじないはアナタに確実にピッタリあったおまじないとは限りません。おまじないで願いを必ず叶えたいなら、当サイトで紹介している占いをまず試してみてください。あなたの幸せを心より願っております。】

【期間限定】願い事を叶えたい思っていませんか?

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「今思っている願いを必ず叶えたい…。」

こんな感じならば、【神言鑑定】の占いを初回無料でプレゼントします!

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果でアナタに合った願いが叶う為の法則や、願いが叶う為の考え方がわかると、あなたの思う事が叶えられる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【神言鑑定】を初回無料でプレゼントします!

おまじないを叶える方法や、あなたの願いが何時叶うかも初回無料で診断できます♪

※20歳未満は利用できません。

※少しでも参考になったらブログランキングのクリックお願いします!

シェアする