雨が降るおまじない!100%雨が降る方法とは? | フォルトゥーナ

雨が降るおまじない!100%雨が降る方法とは?

時には「どうしても雨が降って欲しい」ということもあります。

昔から水不足を解消させるための雨乞いというものもあったくらいですので、雨が天からの恵みともされています。

「苦手な行事を中止させたい」という気持ちや大事な作物に雨を降らせたいなど特定の日に「雨が降ったら嬉しいな」という場合もあるのです。

こちらでは100%雨を降らせるおまじないをご紹介しますので、ぜひ参考にしてあなたの願いを叶えてください。

てるてる坊主を使ったおまじない

「てるてる坊主~照坊主~あ~した天気にしておくれ~」

てるてる坊主は一般的に、天気に晴れにもらうおまじない方法です。

小さな子供から実践できるおまじないとして、あなたも一度はティッシュを丸めて作ったことがあるでしょう。

このてるてる坊主は方法を変えると、雨が降る強力なおまじないへと変化させること出来kます。

作り方は普通のてるてる坊主と同じです。

つり下げる際に、頭が下になるようにすると、本来の効果の逆の意味となります。

また、天気が崩れるのは西の空からですので、てるてる坊主は西向きに出来るだけ空に近い自分の家の2回などに吊りましょう。

これからの天気、明日の天気を雨にしてくれるはずです。

そして、てるてる坊主は吊るすだけでなくお願い事も伝えておきましょう。

作りながら、吊るしながら、吊るしたてるてる坊主を見ながら、「明日は○○ですので雨を降らせてください」と念を込めるようにしてお願いすることでより強力なおまじないとなります。

また、白いティッシュペーパーを使わずに黒い紙を使って作るてるてる坊主も効果があると報告されています。

この場合、作ったてるてる坊主は通常通りに逆さにせずに吊るして雨を降らせましょう。

特定の日を雨にするおまじない

今日や明日ではなく、特定の日に雨が降って欲しい場合に効果的なおまじないです。

数日前からおまじないをしていると、何だか効果も強力になる気がしますが、その気の持ちようもおまじないには大事なことです。

「これは効きそう」「やってみたい!」と思う気持ちとおまじないの効果を相乗的に高めてくれますので、インスピレーションもとても重大なものになります。

あなたが普段使っているスケジュール帳を準備し、雨が降って欲しい日付に水色のペンで丸をしましょう。

そして、かたつむりの絵を書いてお願いします。

その日には、他の予定などを書き入れないようにします、これは余計な念をその日に溜め込まないようにする方法です。

雨が降って欲しい日が出来たタイミングでおまじないに取り組みましょう。

手帳を開く度に、目に入りますからあなたの「雨が降って欲しい」という念を強く込められます。

龍神社で神様に雨乞いするおまじない

実際に、ある神社にはこの方法を記しているところもありますので、強力な効果が期待出来るでしょう。

龍を祀っている神社は全国各地にありますので、きっとあなたの住む地域の近くにもあると思いますのでまずは所在を調べてみましょう。

龍神社は水を操ることが出来ると言われていますので、あなたの雨を降らせたい気持ちを神様に伝えることで効果を発揮させられます。

自分一人で参拝する場合には、通常通りその神社の方法で参拝し、お願いしましょう。

もっと効果的な方法は、雨を降らせたいと思っている人と複数人で参拝するというもの。

準備するものは、太鼓です。

簡易な太鼓で構いませんので、100円均一などで手に入れましょう。

龍神社に行き、お社の屋根に水をかけます。

代表者を先頭にして全員でお社の周りをぐるぐると回りましょう。

代表者は回りながら、「雨タンポ祝いよう」と大きな声で唱え、その他の人は太鼓を叩きながら「ザッコザッコ振ってこよう」と叫びます。

これで龍神社の神様に雨乞いの儀式は完了です。

本格的なおまじない

こちらでご紹介したおまじないはどれも強力な効果のある方法ですが、こちらのものはもっと本格的で昔は儀式として雨を降らせるために行っていたものです。

作物などは雨の恵みがなければ育ちませんので、晴れが続くと行われていました。

準備するものは、ロープ、塩、酒、17歳の処女です。

17歳の処女さえいれば本格的な儀式でも簡単に行えます。

ロープを使って直径3メートルの円を作ります。

塩、酒をロープの中に置いてお供えをしてください。

雨を降らせたい人全員が空を仰ぎ、「情緒ある雨を降らせてください」と5分間祈りましょう。

そこで17歳の処女をロープの中に入れ、一曲踊ります。

踊り終わったら、全員で再びお祈りをして完了です。

即効性のあるおまじないでもありますので、完了してから2時間以内に雨を降らせることが可能だと言われています。

神様にお願いする方法ですので、お供えを増やしたり服装を正装として着物に変えるだけでも効果を最大限にすることが出来るでしょう。

神様は何をされたら喜ぶのかを考えて執り行うことをおすすめします。

自分たちの力だけでは自然を動かすことは出来ませんので、ぜひ神様のお力をお借りしましょう。

雨が降らない!雨を止めさせ天気が晴れる強力なおまじない
どうして雨が降ってほしくない時に行うを止めさせ天気が晴れる強力なおまじないを紹介します。

今すぐに雨が降り始める呪文

昔から雨は農耕にとって、非常に重要な自然の恵みです。

日照りが続くと「今すぐにでも雨を降らせたい」と多くの人は願っていました。

そこで、今すぐに雨を降らせる呪文で雨を呼び込んでいたのです。

空が見える屋外に出て、空を見上げながら「ガンジ ガンジ ガンガンジ」と唱えます。

空に願いが届き、雲行きが変わっていく様を見ることができるはずです。

とても簡単な言葉なので、誰でも覚えることができるため、「明日は運動会だ、雨が降ればいいのに」「今隣に好きな人がいる、傘を持ってなさそうだから相合傘をしたい」など、今すぐに雨を降らせることを願うときにも、すぐに思い出すことができます。

雨が降り始めることを鮮明に想像しながら、「今すぐ雨が降って欲しい」という願いを強く込めながら、この呪文を何度か繰り返してみましょう。

雨が降ることを望んでいることを周囲に見られないように、呪文を唱えることがポイントです。

アマガエルの力を借りるおまじない

アマガエルは、雨を呼ぶと言い伝えられています。

小さな子供の絵本にも、アマガエルが出てくる時には、葉っぱの傘を持っているなど雨を連想させる挿絵が入っているものです。

アマガエルの力を借りるおまじないをすることで、望んだ日に雨を降らせることができます。

「明日は雨が降って欲しい」と願う、雨を望む前日にカエルの置物を枕元に用意しましょう。

そして「あなたの声が明日響き渡りますように」と3回唱えます。

カエルの頭を時計回りに5回円を描くように撫でましょう。

そして、翌日の雨を願いながら眠りにつくのです。

当日になると、「あなたの声が響くように雨雲を導いてください」と3回唱えながら、右手でカエルの頭を同じように円を描くように撫でます。

カエルの置物を袋に入れて、その日一日持ち歩くことです。

その時、午前と午後に切り替わる0時のタイミングで、一度カエルの置物を袋から取り出し、3回頭を撫でましょう。

終わったら再び袋に入れて大切に持ち歩くことです。

カエルが思わず鳴き出す様な、シトシトと美しい雨が降り始めます。

紙とペンを使って雨に感謝の気持ちを載せるおまじない

感謝の気持ちというものは、エネルギーが高いため、非常に願いが叶いやすい状態となります。

そのスピリチュアルな性質を活用して、雨が降ることにとことん感謝をすることで、雨を引き寄せるおまじないです。

まず紙とペンを用意します。

ペンは普段使っているもので、愛着があるものの方がいいです。

ペンを使って、紙いっぱいに3センチくらいの高さの雨の雫をたくさん書き出します。

紙が雫でいっぱいになったら、その雫の中に「雨が降ることで嬉しいと思うこと・助かること」を書き込むのです。

例えば「雨が降ると親が学校へ送ってくれる」「好きな人に置き傘を一本貸してあげられる」など雨によってもたらされる嬉しいことを見つけ、書きます。

全ての雫が埋まったらその紙を眺めながら「雨がふることで、私はこんなに恵まれます。どうか私に雨を引き寄せてください」と言葉に出して、紙を折り畳みカバンにしまいましょう。

これで雨は引き寄せられるので、いい気持ちで待っていることが大切です。

雨女と約束をする

雨女って聞いたことがありますか?

友人と遊ぶ約束をしたけれど、彼女と遊ぶときは何故かいつも雨…という人、あなたの周りにも一人はいるはずです。

本人は全く悪気もなければ、関係ないと言いはるものですが、不思議なことに彼女との約束の時には雨が降る、という現象が起こります。

科学的な証明はなく、相性の問題もあるとも言われていますが、あなたが今思い浮かべた人が雨女だと思うのであれば、雨が降って欲しい日に会う約束を入れましょう。

イベントに絡めて雨が降って欲しい、という願いの場合は、イベントを見に来てもらえるように根回しをするか、イベントが行われる場所の近くで用事を作ってウロウロしてもらうように、お願いをします。

雨女は無自覚ですが、確実に雨雲を連れて歩いているのです。

ただし、「あなた雨女だからこの日にウロウロして」とお願いするのは、自覚がない本人にとってあまりにも失礼なお願いになるので、上手にバレないようにお願いをしましょう。

紫陽花の花で雨を降らせる

紫陽花といえば、梅雨時期に咲く可愛らしくてとても美しいお花です。

紫陽花には雨を受け取ることで、繁栄し、元気に育つことができます。

そのため、紫陽花の花は雨を呼び込む重要な花なのです。

このおまじないは、雨が降って欲しい当日でも行うことができます。

紫陽花の花、紫色の折り紙1枚、を準備しますが、生花がなければ造花などでも構いません。

立った状態で、紫陽花の花びらを一枚ずつ剥がしながら「雨を降らせてください」と唱えるのです。

そして、唱えながら花びらを1枚ずつ床に落ちていく様を見届けてください。

すべての花びらが終われば、綺麗に集めて折り紙の紫色の反対側に織り込みながら、折り鶴を作成しましょう。

そして、部屋の窓際に起いて「一刻も早く雨を降らせますように」と唱えます。

折り鶴が自然の恵みとの架け橋をしてくれるので、神からの加護を受けやすくなるのです。

先行の水たまりでおまじない

とっても簡単なこのおまじないは、未来を予言することで雨という現実を引き寄せるおまじないです。

土があるところを少し掘って、その上に水を張って、水たまりを作ります。

この水たまりが出来ることで、土に雨を蓄える準備を促すことはできるはずです。

乾ききった土に、未来を予測するかのような水たまりをしっかりと定着させます。

水たまりから水蒸気が発生することによって、望んだ日に雨を降らせる効果がしっかり発動するのです。

土も地球の産物なので、雨との相性は抜群といえます。

土が雨を呼び寄せるようにおまじないをしましょう。

雨を降らせるおまじないは強力!

雨が降って欲しい日、雨が降ってもらわなければ困る日というのは、時々起こるものです。

しかし、自然を自分でどうにか出来るものではありませんので、不思議で強力な力を用いたおまじないで雨を降らせましょう。

どのような人にとっても、雨が降らなければ困る事態となりますからやはり雨が降るということは大切なことなのです。

100%雨が降るおまじないを実践して、ぜひあなたの願いを叶えてくださいね。

叶ったあかつきには、しっかりと天に感謝をして自然の恵みを受けましょう。

The following two tabs change content below.
フォルトゥーナ(fortune)

フォルトゥーナ(fortune)

フォルトゥーナ(Fortuna, フォーチューナ)は、ローマ神話に伝えられる、運命の女神。運命の車輪を司り、人々の運命を決めるという。 【当サイトで紹介している、おまじないはアナタに確実にピッタリあったおまじないとは限りません。おまじないで願いを必ず叶えたいなら、当サイトで紹介している占いをまず試してみてください。あなたの幸せを心より願っております。】

【期間限定・12月8日(日曜)迄】願い事を叶えたい思っていませんか?

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「今思っている願いを必ず叶えたい…。」

こんな感じならば、【霊視霊感スピリット鑑定】占いを初回無料でプレゼントします!

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果でアナタに合った願いが叶う為の法則や、願いが叶う為の考え方がわかると、あなたの思う事が叶えられる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【霊視霊感スピリット鑑定】を初回無料でプレゼントします!

おまじないを叶える方法や、あなたの願いが何時叶うかも初回無料で診断できます♪

※20歳未満は利用できません。

※少しでも参考になったらブログランキングのクリックお願いします!

シェアする


あなたにおとずれる未来や運勢を占います。

誰でも生まれ持っているオーラカラーがあります。

人生経験で培ったオーラカラーもあります。

オーラの光に映った色から、あなたの深層心理や願望、欲求など真実だけを伝えて幸せに導きます。

人に言えない悩みや辛くて苦しい原因を取り除き未来を占います。