亡くなった人はどこにいるの?実はそばに居る見てるスピリチュアルなお話 | フォルトゥーナ

亡くなった人はどこにいるの?実はそばに居る見てるスピリチュアルなお話

「私たちが死んでしまったら、どうなるのだろう?」と誰もが一度は疑問に思うことがあるはずです。

亡くなった人はどこにいるのか、スピリチュアルなお話でご案内します。

死後、幽霊となる話は賛否両論ありますが、大好きな人が亡くなった時にはそばにいて欲しいと願うものです。

亡くなった人を感じたという、体験談を交えてご紹介しますね。

実はそばにいる見ている場合も少なくありません。

亡くなった人はどこにいるの?

死後直後は遺族のそばにいる

人は死んでしまった後は、肉体が消滅してしまい、今まで元気だった姿を目で見ることができなくなってしまいます。

肉体が滅びたことで、認識することが難しくなり「本当にいなくなってしまった」と感じてしまうものですが、実は死後直後は遺族のそばにいると言われているのです。

亡くなった人が天に召される・冥界に旅立つのは49日後ということ。

特に日本に多い仏教では、そのような教えとして伝わっているものです。

その間、肉体はなくても故人が想いを寄せている、大切な人達の近くで見守ってくれています。

中には、自分が死んだことに気がつかずに、いつもの毎日と同じように生活をしている人もいるのです。

「いつもここで食事をしていた」という椅子に、「まだ座っている気がする」と感じるのは本当にそこに座っているからだといえます。

四十九日以降は霊界にいく

亡くなって四十九日までは、今までお世話になった人に挨拶をしたり、今までどおり生活をしたりしているような霊体ですが、徐々に現世との繋がりが薄まっていきます。

光が迎えにやってきて、あの世と呼ばれる冥界へ行くために魂が光に包まれるものです。

亡くなってから、自分の死を認識する期間と次生を決める期間を合わせると四十九日となります。

そのため、四十九日に無事成仏する祈願のために法要を行うものなのです。

次生を決め、今世でのやり残したことをこの期間に行うために、きちんと出来た故人は霊界からのお迎えとともに旅立ちます。

現世界に戻ってくるタイミングもある

霊界に旅立った後は、もう存在を感じられることもないのかとガッカリする人もいるかと思います。

しかし、亡くなった人が現世界に戻ってくるタイミングもあるのです。

日本にはお盆がありますが、この時期に怪談話が増えることは理由があります。

このお盆という時期は、亡くなった方が現世に戻ってくるのです。

昔からナスときゅうりを使って、動物を形作る「精霊馬(しょうりょううま)」を見たことがあると思います。

この精霊馬は、亡くなったご先祖様が現世に戻る際に、乗るための動物とされているものです。

きゅうりで作られた馬に乗って「早い駆け足で会いに来て欲しい」、ナスで作られた牛にのって「ゆっくりとあの世に帰っていってほしい」という願いが込められています。

お盆にご先祖様を供養する時には、身近なところで見守ってくれているということを感じると、より供養も丁寧にしようと思えるはずです。

実はそばに居る見てるスピリチュアルなお話

1歳の息子が霊に遊んでもらっていた話

1歳になる息子は時々、誰もいない方に向かって微笑んでいることがありました。

少しだけ霊感がある私は「誰かいるんだろうな」と思ってはいましたが、息子が怖がっている様子がないので、そのまま放っておくことにしたのです。

息子は、微笑んでいるだけでなく、時々話しかけるような言葉を発し、大笑いすることもあります。

「何して遊んでいるの?」と聞いても、嬉しそうに誰もいない方を指差しているのですが、1歳なのでハッキリと言葉が話せず、状況がよくわかりません。

しかし、やはり楽しそうなので気にせず月日が経ちました。

息子の年齢が上がるにつれて、あの頃のように一人で遊ぶこともなくなり「見えなくなっちゃったのかな?」と思っていた頃です。

3歳になる息子と私の実家に行きました。

仏壇に興味を持ち始めた息子が、飾ってある叔父の写真を見て「この叔父さん知っているよ、よく遊んでいたよ」と言うのです。

私の叔父は、息子が生まれる3年前に亡くなっていたので、直接会ったことはもちろんありません。

でもおじさんは、小さな子供が大好きだったので「遊びに来てくれていたんだな」と思うことができ、不思議と全く怖くありませんでした。

息子のおかげで、「大好きなおじさんが今でも見守ってくれているのだな」と感じることができ、とても嬉しい気持ちになりました。

あの時危険を教えてくれた母親

私の母は、幼い頃になくなっているため、あまり記憶に残っていません。

母親がいないことを寂しいと思うことはありますが、悲しんでいても仕方がないので、あまり気にしないようにして生きています。

私も大人になり、自由な時間を手に入れたことで、友人と夜中にドライブをして色んなところを探検することを楽しんでいた時期があるのです。

ある日、いつもの様に友人とドライブに行った先で、山に入りました。

山の入口からなんだかソワソワして、動悸がしていたのです。

少し車で登った先に、停車できる場所があったので、車を止めて友人と話をしていました。

その時に、普段特に思い出すことのない母親の姿をふと見た気がしたのです。

もちろんそんなワケがないと、気にしないようにしましたが、どうしても頭の中で母が気になって仕方がなくなり、その場にいてはいけないと言われているような気がしたので、友人を説得し、山を下りました。

後から知りましたが、その山の私たちがいたもう少し先は自殺の名所で、有名な心霊スポットだったのです。

あの時、母が危険を教えてくれたのだと思うと、あまり覚えていないはずの母に感謝が溢れました。

守護霊様からのメッセージを受け取る方法!(恋愛・結婚成就)
あなたは自分の守護霊様が何を伝えようとしているのか感じ取れますか?コツさえ掴めばそう難しい事はありません。守護霊様からのメッセージを受け取る方法を恋愛・結婚成就の目的別にご紹介します。

意外にも亡くなった人はあなたの近くで見守ってくれています

亡くなれば肉体を失ってしまいますが、私たちの魂は大切な人を守ろうとしているエピソードがたくさんあります。

この世にいなくなってしまったことは、とても悲しいことですが、意外にも大切である人ほど亡くなった人はあなたの近くで見守ってくれているのです。

故人に感謝をし、思い出とともに今あなたの命を精一杯生きていきましょう。

The following two tabs change content below.
フォルトゥーナ(fortune)

フォルトゥーナ(fortune)

フォルトゥーナ(Fortuna, フォーチューナ)は、ローマ神話に伝えられる、運命の女神。運命の車輪を司り、人々の運命を決めるという。 【当サイトで紹介している、おまじないはアナタに確実にピッタリあったおまじないとは限りません。おまじないで願いを必ず叶えたいなら、当サイトで紹介している占いをまず試してみてください。あなたの幸せを心より願っております。】

【期間限定・8月25日(日曜)迄】悩みを解決して幸せになりたいと思っていませんか?

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「もっと幸せになりたい…。」

こんな感じならば、通常1500円の【神言鑑定】の占いを初回無料でプレゼントします!

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果でアナタに合った幸せになる為の法則や、幸せになる為の考え方がわかると、不安や不幸の訪れない幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常1500円の【神言鑑定】を初回無料でプレゼントします!

スピリチュアルなパワーをアップさせる方法や、あなたの悩みが何時解消するかも初回無料で診断できます♪

※20歳未満は利用できません。

※少しでも参考になったらブログランキングのクリックお願いします!

シェアする



あなたにおとずれる未来や運勢を占います。

誰でも生まれ持っているオーラカラーがあります。

人生経験で培ったオーラカラーもあります。

オーラの光に映った色から、あなたの深層心理や願望、欲求など真実だけを伝えて幸せに導きます。

人に言えない悩みや辛くて苦しい原因を取り除き未来を占います。